記事一覧

【女性限定】 女の武器

誰もが「女の武器」と聞いて思いつくのは、物腰柔らかく、やさしい心と美貌と肉体です。言葉からも、表情からも、キ!スからも、セッ!クスからも、それが感じ取れれば、大半の男はその癒しに身をゆだねてしまうことでしょう。女の武器で、男の欲望をコントロールすることは、男を騙していることにも、卑怯なことにもなりません。その事実を、女性はもっと活用すべきです。それが、男女の「差」だからです。必ずしも現代が正しいとは...

続きを読む

冷静な勢いで恋愛が成就した

特に不倫はこう思います。「冷静な勢いがないと、成就せずに終わる」と。逆に言えば、「冷静な勢いがあれば、自由と成就を手にできる」と。もう15年以上、何万人もの不倫経験者の方から、弊社に寄せられた不倫相談やその後の結果を見ていると、●波打つように感情が上下し、しかも、優柔不断な方●一見すごく冷静でも、重要な決め手で決断できない方は、結果、思うように恋が進んでいません。◎くよくよ、涙を流していた方でも、ある...

続きを読む

生きてゆけない

娘や息子であれ、恋人であれ、夫婦であれ、この人を失ったら生きていけないと思えるほどすごく大切な存在をもつことは、良いことだと思います。強い愛があるからこそ、そう感じるのだと思います。でも、その相手も、あなた様と同じ人間です。一方的にコントロール(押し付けが)できるわけではありません。他にも、そのお相手を欲しがる人が出現する場合もあります。愛せば愛すほど、必要とすればするほど、空回りすることもありま...

続きを読む

【女性限定】 習慣を見直してみた

◎もしかすると、ずっと、セッ!クスについて誤解があったかもしれない…◎別れた原因はセッ!クスをおろそかにしていたからだと気付いた…◎男性にはもちろん、女性にとっても愛が溢れるセッ!クスが大切だ…◎(性の重要性に気付き)彼とやり直してから、セッ!クスが楽しみになった…◎こんなにセッ!クスで幸せを感じるなんて…ご相談を通じ、女性からのこんな声を多く聞くようになってきました。すごく良いことだと思っております。カップル...

続きを読む

「離婚する」って約束したのに…

【不倫中の方へ】絶対に離れられない運命の相手が既婚者であり、その上、相手の行動を見ている限り、どうしても離婚ができないような状態にあれば、不倫相手側からすると、不安でたまりません。・将来はどうなってしまうのか・このままだと不倫が見つかってしまうのではないかさまざまな悪い予測が、毎日、繰り返し頭をめぐります。そして、多くの不倫相手側は、つらさのあまり挫折し、相手夫婦は離婚に至らず、不倫側の恋が終わり...

続きを読む

【女性限定】

特に、「両思い」と「復縁」を目指す女性にとって重要なこととなります。雑誌や書物などからの引用になります。:::下記、引用となります①:::「実は、多くの女性が、セッ!ク●して振られてるんですよ。」(某興信所の副調査主任・現役の女性探偵42歳)一体、これはどういうことなのか?その実態を解明すると共に、セッ!ク!●で振られた場合の克服法を解説します。実は今、男性の中に、こういう層が多いという真実、ご存知でした...

続きを読む

なぜ、復縁をするのか?

あなた様は、下記をお読みになり、どう、お感じになりますか?本日(日曜)の記事です。:::::::::下記、引用:::::::::::アーノルド・シュワルツェネッガー、いまだ復縁を希望。  自身の浮気と隠し子の発覚で、25年間も連れ添った妻と離婚したアーノルド・シュワルツェネッガーが、未だ復縁を望んでいることを激白した。 アーノルドは約2年前、過去に家政婦の女性と浮気していたことが明るみになり、さらに...

続きを読む

死ぬな (自殺撲滅・ゼロ宣言)

なんでも影響をうけやすく、強い思い込みをする人の中でも、それがプラスに作用する人、マイナスに作用する人といます。それは、影響を受けた時点=情報が入ってきた時点に差があります。例えば、なんでも悪い方向に考えがちな人は、情報が入ってきた時点で、マイナス思考・不安(維持)思考に捉える習慣がついています。例えば、なんでも良い方向に考えがちな人は、情報が入ってきた時点で、プラス思考・期待(挑戦)思考に捉える...

続きを読む

嫁が不倫で 手がつけられん

【奥さんが浮気をやめない男性限定】奥様が浮気している事実を探り当て、最初は感情的になり、浮気対策に躍起になったものの、時間の経過とともに、それが無意味なものだと気付き、そしてその理由が、「嫁さんは、“本気で”浮気相手の男と一緒になりたいんだ…」というような末期状態の夫婦関係であれば、注意して浮気をやめさせられるレベルの状態ではありません。注意し、正しい方向、家族や周囲が推奨する方向を示したところで、...

続きを読む

潜在意識

たくさんの情報があり、ニュースがあり、たくさんの人間関係があり、すべきことがある(忙しい)と、短時間に表面だけで“情報”を捉える習慣が根付きます。この習慣の最大のデメリットは、「情報発信者の真の意図に気づかぬまま、そのまま情報を信じ、それに基づいて行動してしまうこと」です。様々な情報を即時に入手できる、便利な世の中ですが、表面だけで情報を見る習慣が長く続けば、自分で深く考えて判断する力が衰え、その結...

続きを読む

もう生理的に受け付けない…

人のことをものすごく嫌いになったことはありますか。よく「生理的に受け付けない」という表現をしたりもしますが、その人の事をよく知る、よく知らないは別として、もう話もしたくない、一緒にもいたくない、見たくもない、好きじゃなくなった、という心理状態が続きます。恋人同士のときには感じなかった、“負の側面”ばかりが気になり、目に付き、次第に、その人に苛立ちを覚え、離れたくなります。最初は些細な出来事から始まり...

続きを読む

消えないキズ

虐待、無視、家庭追放、冷め切った空気、愛の無い家庭、責められ、否定され、話もできず、守ってもらえず、そんな深い闇を経験した、そんな過去を持った人には、消えない、深い、「心の傷」が残ります。でも決して、「消えない深い傷=幸せになれない」ではありません。東欧の有名な哲学者が言いました。「心に深い傷を負ったものは、大きな幸せが必要ないことを知る」「“ほどほど”の幸せ、それこそが、ちょうどいい」と。希望が大...

続きを読む

「あなたは強いね…」と言われる方へ

周囲の友達や同僚から、「あなたは強いね、うらやましい」「あなたは、なんでもできるんだね」「どうすれば、あなたにみたいに前向きに生きられるの」「こんな世の中で、不安になるときや、寂しくなるときはないの?」「あなたは変わってるよね」と言われるような人こそ、“気をつけてください”。周りの人からそう思われる人こそ、本当はすごく繊細で、負けず嫌いで、誰よりも死を恐れ、溜め込むタイプの自分に気づけてなくて、ある...

続きを読む

シルバーとゴールド

復縁したいと思っている方をAさん、Aさんから復縁したいと思われている方をBさん、とします。Aさんは、復縁を願っていますが、Bさんは、Aさんの気持ちは知りつつも、復縁することを望んでいません。つまり、Aさんだけが復縁を考え、Bさんは復縁を考えていません。Aさんは、Bさんが復縁を考えるきっかけが欲しいです。復縁を考えていないBさんに、復縁という言葉を利用しても、心にもどこにも響くことはありません。①Bさんが、今や...

続きを読む

マイナス思考が習慣づいていませんか

おおむね同じ事を体験しても、考え方で感じ方は変わります。感じ方が変われば、行動にも、人間関係にも、仕事にも影響がでてきます。雨降りだから憂鬱なのか、雨降りだから家の中を片付けようなのか、別れたから何も手につかないのか、別れたから次に挑戦するのか、状況や、考え方(性格)、切り替えの速度で、行動が異なります。どれも経験なわけですから、例えマイナス思考であっても、時間差で、いずれは経験値として「力」にな...

続きを読む

その場の感情に負けないでください

皆、人ですから、抑えられぬ、強い感情を抱くことがあります。その結果、一時的な感情の高まりで、若しくは、積もり積もった、感情の蓄積で、・人を傷つける言葉を発したり、・人を殺してしまったり、・自分自身を傷つけてしまったり、(自傷行為)もします。そのような事が現実に起きていることに、目を背けてはなりません。どんなにすばらしい、温厚と言われているような方でも、・置かれたシチュエーション・相手から加えられる...

続きを読む

シニカレ(脚本:野島伸司さん)

別れさせ屋ドラマ「シニカレ」昨年になりますが、野島伸司さん脚本のドラマ「シニカレ」において、すべての話(回)で情報提供などのご協力をさせていただきました。⇒ メディア取材時の様子...

続きを読む

いいカップル、いい夫婦とは

恋愛でよく失敗をする方ほど、「価値観が合わなかった」「性格の不一致があった」とおっしゃいます。これは言い換えれば、ご自身の選択ミス、ということになります。今回はイケル!と思って、期待して付き合ってみた結果、実は、自分が思い描いていたような理想の相手ではなかった…、ということになります。でもちょっと待ってみてください。「価値観が合わなかった」、「性格が不一致だった」、に対して、では一体、具体的に、何...

続きを読む

琥珀色

よく、パワーストーン、パワースポットという言葉を耳にします。特別な宝石や、特別な場所が、人に力を与えてくれるというものです。信じる方、信じない方、いらっしゃると思いますが、私は信じます。そんな中において、ご紹介したいのは、私も5年前に行きましたが、ロシアはサンクトペテルブルクのエカテリーナ宮殿内にある「琥珀の間」です。(参照:琥珀の間の画像)インターネット上で色々な情報が出ていると思いますが、すべ...

続きを読む

例え、そんな状態でも成長しています

人は、信ずるものを失ったとき、割り切れない現実に直面したとき、どうしても、それを受け入れられないことがあります。受け入れられぬまま、つらい時を過ごします。人は、経験したことのないことが起きたとき、最初から正しいことができないことがあります。間違った判断をしてしまい、余計に苦しくなるときがあります。人は、裏切られたり傷つけられたりしたとき、悲しみと憎しみと怒りを感じることがあります。深く傷つくほど、...

続きを読む

彼氏や彼女がいる人を好きになった

彼氏もちを本気で好きになったというご相談をいただきましたので、本日はそれに近い内容に関して書かせていただきたいと思います。まず、“力学と統計上(比喩的表現)”、紛れもない事実として踏まえておくべきことは、「いわゆる一般的に魅力の高い(周囲から評価を受けやすい)人から順に、彼氏や彼女、夫や妻など、異性と結びつく可能性が高い」という現実です。魅力的だけれども彼氏や彼女がいない、非常に高い魅力を持つがゆえ...

続きを読む

本当の「前向き」は、復縁力

本当の「前向き」は、復縁力スピードが必要と言われてる時代ですが、スピードよりも重要なことはあります。次に次に、、、というのは前向きとは違います。本当の前向きとは、失敗の理由をしっかりと受け容れることです。受け容れることと、受け流すことは違います。前しか見ない人間は受け流しているだけです。人間は、面倒くさいこと、重いこと、つらいことを背負わなければなりません。大事も小事もありません。「要するに」とい...

続きを読む

産んでくれてありがとう

「産んでくれてありがとう」やはり、自分の子供や孫達から、「産んでくれて、ありがとう」と言われる事こそが、すべての夫婦、すべての男女の、本能に通じた目標だと言い切ったある哲学者に、私も共感しています。歪んでしまった現実がない限り、あなた様のご家族でも、同様の事が言える筈です。幸せと笑顔があふれる、あたたかい暮らしをしている家族です。ところが現実はどうでしょうか。都会に憧れ、お金を過剰評価し、欲望と理...

続きを読む

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

カテゴリ