FC2ブログ

記事一覧

あ、あの妻が浮気!?

妻が浮気した 妻の浮気調査 妻浮気


奥さんに浮気された男性へ


妻の浮気に悩まされている男性(ご主人)へのアドバイスを行います。夫の浮気とは違い、妻の浮気は本気であることが多いのが現状でもあります。

■信じていた妻に浮気された・・

仕事が忙しい・・、今日は接待で帰りが遅くなる・・、友達と飲んでくるから・・、などと言って、最近帰宅時間が遅くなっていた妻・・。どこか不審に思い、こっそり携帯電話のメールを見ると、ある女性との親密なやり取りが・・。

そんな状況に陥ってしまったご主人方をよくお見受けします。妻のことを信じ、支えてきた妻だからこそ、どうしようもなくつらい精神状態になるのでしょう。妻に裏切られた・・ということで、人間不信に陥ったり、食事が喉を通らない、夜も眠れない、何もする気が起きない、仕事も手に付かない、そんなただただ苦しい日々にあなた自身、襲われることになるでしょう。

信じていた一人の女性、連れ添ってきた女性に、裏切られることは、一人の男として、とてもつらいことなのです。

■妻に浮気されたときの対処方法

妻に浮気され、つらい精神状態の中、対処方法(選択肢)としてはいくつか挙げられるでしょう。大枠で申し上げるとすれば、離婚するか、離婚しないか、というところになります。細かく挙げていくとすると、

●もう離婚したい、ただ、離婚で損はしたくないので、妻や愛人男性に対して慰謝料請求を行いたい

●浮気相手の男性がどこの誰なのかを調べ、怒鳴り込みに行ってやりたい

●離婚したくないので、どうにかして浮気相手の愛人男性と別れさせてやりたい

●弁護士に相談した上で、興信所を利用して、相手の男性を特定したり、浮気の証拠を撮影したい

●妻に言いたいことを全部言って、すっきりしたい

●妻と喧嘩はしたくないので、友人や身内に相談することで、気を紛らわしたい

などなど、いくつもの選択肢がありますが、どの道を進むかは、あなた自身が決めねばなりません。

■妻に浮気された・・どうにかして愛人と別れさせたい

俺の妻に色目を使ったのはどこの男なんだ!?と怒りを露にする方もいらっしゃるでしょうが、実際のところ、感情的になればなるほど不利になる傾向があると言えます。その分、奥さんとのぶつかり合いが増えるからです。逆に、自分だけの胸のうちに抱え込むだけでは、心の病(精神病)にもなりかねません。そんな状態ではますます奥様は相手の男性のほうに気持ちが傾いてしまうことでしょう。中には、こんな方もいらっしゃいます。

「これ以上我慢してても、何のためにもならない・・いっそのこと、妻と愛人とを別れさせてしまおう・・」

一瞬、えっ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、でも「それが可能であるのなら、そうしたい・・」と思う方も多い筈です。
道徳的にはどうかと思いますが、あなたも生きている人間なわけですから、自分本位に物事を考えることは当たり前の人間っぽさでもあるのです。 参照:別れさせ屋

■携帯電話(メール)から妻の浮気が発覚!浮気相手の男性を調べたい(浮気調査)

女性が浮気をしているとき、大抵の場合で、携帯電話の使い方が、浮気をしている前とは異なってきます。例えば今まで家に帰ってくるとその辺に放置していた携帯電話を、肌身離さず持ち歩くようになったり・・・、夜中こっそりメールや電話をしていたり、今までしていなかった携帯ロックをかけるようになったり・・・、まあ
とにかく、携帯電話の使い方が変わってくるのです。単純です。男性も女性も、好きな浮気相手ができれば言葉より行動に出るのですから・・。

そんなこんなは別として、何かしらがきっかけで、妻の携帯からある特定男性との親密な関係が発覚したとしましょう。
あなたならそんなときどうしますか?見て見ぬ不利をしますか?それとも妻に対して「これはどういうこと!!?」と叫びますか?それとも、その男性の情報(電話番号や氏名)をメモし、その男性がどこの誰かを調べますか?

■妻が浮気・・愛人男性に慰謝料請求を行いたい

浮気なんて絶対に許せない!妻に近づいた男を特定して、慰謝料請求をしてやる!!俺はこんなに苦しい思いをしてるんだから・・そんなご主人達の声が、世間では毎日のように響いています。確かに長年連れ添ってきた妻を突如出現した男性に横取りされた感覚になるわけですから、無理もありません。但し、先ずは

「あなたがこれから先、どうしたいのか?」

を考えなければなりません。離婚したいのであれば、できる限り損の無いように、奥さんや愛人から慰謝料をもらうべきですが、離婚したくないのであれば、愛人の男性に慰謝料請求を行わないほうがいいケースもあるからです。愛人に慰謝料請求を行えば、それが奥さんに伝わり、「じゃあその慰謝料を私が払うから、離婚してよ!」と言われたり、夫婦の関係がかなりドロドロしたものになる可能性があるからです。

■妻とはこれからも一緒にいたかったが、もう離婚するしかない・・損せず離婚する方法とは?

一旦「もう離婚だ」と決めると、その決意は固いものです。そして先々の経済的なことや、いかに自分に損なく離婚するかを考えることになるでしょう。離婚で損をしないためには、離婚に関する法的知識を身につけるか離婚に詳しい人間に相談することが、最低限必要になります。離婚する際に、損得で考えてもいいことといえば、
慰謝料、財産分与、親権、養育費の問題になります。要するに、お金と子供の問題です。離婚で絶対に損をしたくないという方は、我々や離婚に詳しい方に、一度相談してみると良いでしょう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ