FC2ブログ

記事一覧

離婚してほしい 叶える具体策

離婚してほしい 叶える具体策


不倫相手、既婚者の彼と奥さんが離婚してほしい

叶える具体策について述べる前に、不倫自体について

私ミシマなりの見解を申し上げたいと思います。

不倫は犯罪という言葉が最近テレビで表現されていますが、

調べてみたところ、

「犯罪=法律上は刑法その他の刑罰法規の規定により、
刑罰を科される行為をいう」

とありますから、不倫は犯罪ではないようですね。

ヤフー知恵袋でも、専門家の方が否定してましたし。

不倫が良いこととは思いませんが、

不倫成就したうえで幸せになり

そしてテレビの中でも活躍している人達が増えているので、

不倫をひとくくりに非難するのではなく

それぞれの不倫関係の経緯や、状況、人柄などを知ったうえで

意見するべきだと感じています。


私はこれまでもミシマブログの中で不倫について言及してきました。

不倫もひとつの人間関係です。

ですから、大人として言い訳しないようにそれぞれ行動するべきでしょう。

奥さんと離婚してほしいし、待つだけなく叶える具体策を考えることも

それを実行に移す、移さないは別としても自分が選ぶ道です。


一番駄目なことは、妻という権利にしがみつくのではなく

どうして旦那が一夜限りの性行為だけではなく、

定期的に同じ女性と会うような不倫関係をつくったのかを考え、

自分が選んだ夫、自分が選んだ人生を前提として

1人の女性として向き合うべきでしょう。


不倫している女性も、「彼が離婚すると言ったから」とか、

「彼を信じて3年も待ったのに」などと後になって

自分の選んだ道を誰かのせいにするべきではありません。


さて、今回は不倫してる方で、彼と奥さんと離婚させたい、

略奪愛の方法について

出来るだけ具体策を書きたいと思います。

これは大前提となりますが不倫してる女性が出来ることは殆どありません。

彼と自分とを結び付けてるものを正しく認識し、

奥さんより強い部分をしっかりと安定させつつ、

奥さんの方が有利な部分を少しずつ奪っていくようなことが限界です。

刺激と性欲。

男性が女性に期待するもので

一番強い欲求を満たしていることが強みです。

ですから、会うことが当たり前、セックスすることが当たり前になたら

あなたの強みは薄れてしまいます。

頑張って、尽くして得られる存在だからこそ「刺激」になるからです。

こちらが追いかける立場になっても駄目です。

離婚してほしい彼と奥さんを結び付けているものは、

「子供」だけということは殆どありません。

やはりそこには、「情」や「信頼関係」があると思ってください。

あなたの強みである刺激の反対の要素である、

「空気みたいな存在」というのは

場合によっては一緒にいて楽ちんで、癒しの存在となります。

いくら恋愛で盛り上がっても、

お金がかかるとか、いつも恰好つけてなければならないとか、

料理を当たり前のように作ってはくれないとか、

生活を共にするうえでは疲れる存在では、

いつまで経っても恋愛しか期待されなくなります。

自分一人の力でできることは、彼を動かすことしか出来ないですから、

そうやって奥さんよりもバランスの良い評価を得ることになります。

その他に彼に離婚してほしい願いを叶える具体策としては、

子供を作ることもありますが、これはミシマ式の方法ではありません。

確かに、子供は大きな存在となり、

それは彼を強引に動かすきっかけになるかもしれませんが、

責任という意味は妻に対するものの方が強く、

認知してもらい、養育費を貰うことが限界になるでしょう。

諦めたくない、本気で好きな彼だとしても、

子供を財力にして繋がりを作ろうとすることは勧められません。

奥さんが知れば、精神的なダメージは深く、

奥さんの方から離婚したいと言わせることができるかもしれませんが、

育児は想像以上に大変なことですし、

そうした為に生まれた子供に対して一生罪悪感を感じるかと思います。

彼を離婚させる方法としては下策です。

略奪愛と18年間関わってきた私とACグループとしては、

やはり弊社のような専門家(第三者)の利用が

成功率1st方法だと考えます。

1stというよりも、他と圧倒的に成功率に差があると思ってください。

叶える具体策の中で、この方法のみが

成功確率を五分五分以上にできます。

どこまで手間暇かけるによって上下しますが、

その夫婦の結びつきを理解し、

ピンポイントでその要素を崩すことが出来れば離婚までイメージできます。

夫婦に限らず、人間同士はお互いに暗黙の了解で『期待』をしています。

街の中でも、通行人はこちらを睨みつけたりせず、

邪魔にならないようにすることとか、

居酒屋の店員さんも、疲れた顔や態度をとってほしくないとか、

会社の同僚にも、変な宗教に誘ってこないでほしいとか、

口臭は気をつけてほしいとか、

当たり前のことですが、そのことを期待し、

そして期待に応えてくれるからストレスなく成立します。

夫婦となると恋愛関係とは違ってくるので、

毎週末に出掛けたいとか、もっとドキドキさせてほしいという期待よりも、

「きちんと生活費を稼いでくれてる」

「虐待などせず、栄養を考えた食事を与えて育ててくれてる」

といったパートナーとして期待している方が大きくなります。

多くの妻は、

「浮気はするかもしれないけれど、それは恋愛と性欲からであって、

世の中で一番信用、信頼してるのは私なんだから」

「よそでは恰好つけてるかもしれないけれど、

私の前だけでは、素の自分でいるんだ」

というように、自分のことを特別視してくれているという期待があります。

夫婦であろうと、「知らない一面」を感じさせて、

不信感や不安が生まれてくれば「存在がストレス」となります。

昔の人はそのストレスがあっても、

「社会の中で、離婚歴があるという評価になること」のストレスの方が

勝っていたので我慢をしていたようですが、

今の時代はそれは薄れています。

近い存在だからこそ

言い合いの中でも相手が本当に嫌がる言葉が飛び交うようになり

悪循環が生まれてくれれば離婚してほしい願いは叶います


例えばですが、いくら夫婦であろうと嫁が旦那に向かって、

「もっとお金持ちで、仕事ができる男と結婚すればよかった」

と言ったらどうなるでしょうか?

もっと心に突き刺さる酷い言葉もあるでしょう。


嫁とセックスレスで、好きではないのに離婚しなかった彼も

その言葉ひとつで嫁の評価は著しく下がるでしょう。

こうした「人としての信頼」を失うような出来事を外部からつくるには、

工作員と呼ばれる、人間関係を構築させ、誘導尋問や心理誘導を

得意とする人材が必要となります。

要するに、引っ掻き回す役割を担う人材です。

下調べや、サポートするのは調査員です。


勿論、どんな夫婦なのかを理解し、その価値観や性格に適した

もっと綿密な計画と、予定通りにいかないときの

臨機応変力など必要となりますから

今の段階ではイメージがわかないかもしれませんが、

彼に離婚してほしい、叶える具体策としては、

可能性が高い1st略奪策です。


あくまで選択肢のひとつですし、決してお勧めしているわけではありません。

私が申し上げたいのは、「離婚してほしい」という言葉は、

彼が何か動き出してくれることを願うような言葉だと思います。


不倫関係というのは自力で叶えられる分野ではないと思われてください。

叶えられてる人もいますが、

それは、最初からそういうパターン(流れ)が出来上がっています。


彼がとても素敵な人ならば、妥協はしていただきたくないので、

離婚してほしい ではなく、 離婚させたい、離婚させる、

という思考も持ってみてください。


そのうえで、ご自身に合った具体策を見つけてみてください。

ミシマ式のご提案はその選択肢のひとつでしかないですが、

私はこの仕事をしているから申し上げているのではなく、

離婚させる方法が必要になって、

ありとあらゆる具体的な略奪方法を試した結果、

この方法に辿り着いたので、それを提供しています。


もし他にもっと現実的で、可可能性が高い方法があれば、

そちらをお勧めしています。



素敵な彼との、将来・未来を諦めない方を応援しています。

ご依頼を考えておられない方にも、

出来る限りのアドバイスをさせて頂いていますので、

1人で抱え込まないで、私やACグループの無料相談窓口に

不安や気持ちをぶつけてみてください。





同様の悩みを抱え、ご自身 での解決が難しい方の3ステップ


 先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい
info@acyours.com

 お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人か ら、必ずお返事差し上げます。
 ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。

 お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いく つかやり取りさせていただき、
  一般 的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。


◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 ・22歳以上(社会人の方)
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方









































スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ