FC2ブログ

記事一覧

精神病(心の病)に勝つ!

精神病 心の病 恋の病 情緒不安定


恋愛の悩み、離婚の悩みで心の病に・・


今日で、いよいよ3月も終わりになります。4月からの来年度に向けて、生活・恋愛のリズムを修正していきましょう。失恋や離婚、浮気や不倫の悩みを抱えているあなたも、幸先の良いスタートが切れるよう、サポートして参ります。精神的に止んでいる方のために、下記に精神病とは何かを書き出しましたので、参考にして下さい。そして、どんなことでも、お気軽にご相談下さい。

精神病

精神病の多くは、ストレスによりかかる病気です。ストレスにどれだけ耐えられるか、どんなストレスなら耐えられるかは、人によりまちまちですが、精神病にかかってしまう方は、ストレスに対する耐久力が弱かったり、過大なストレスを受けてしまったりした方です。

純真であったり、真面目だったり、律儀だったり、几帳面だったり、また、無理な生活を長期間したり、無理な仕事を長期間こなしたり、多くの複雑な問題を抱えたり、
そんな方がなりやすい病気です。

病気そのものは遺伝したり、伝染したり、育て方が問題であったり、決してそういうものではありません。精神病は多くの種類がありますが、代表的なのは統合失調症や気分障害(そううつ病または、うつ病)です。統合失調症は、人口の0.5~0.9%(100~200人に1人)が発症する、ごく身近な病気です。人が一生のうちで統合失調症にかかる確率は、1%に及ぶといわれています。ありふれた病気なのにあまり身近に感じないのは、世間の偏見や無知のため隠してしまうせいです。また、それが、この病気を悪化させ重くし、障害を強く残してしまったり、再発させてしまう原因となっています。

発病するのは、思春期から30歳ぐらいまでに多いといわれています。症状としては、不眠・感覚が過敏になる・気持ちがあせる・周囲の雰囲気をおかしく感じるといったものから、いない人の声が聞こえてくる、実際には言ってないのにその人が言ったと感じる(幻聴)、ありもしないものが見える、感じる(幻視・幻覚)、実際にはそうでもないことが、自分に対して誰かが何かしようとしていると結び付けてしまう、あるいは、自分がしたわけではないのに、自分がしたと感じてしまう(妄想)、などといったものがあり、さらに、幻覚や妄想から考えがまとまらなく、思考障害がでてきたりします。この結果、他人からは、表情がなくなったように見えたり、独り笑いや独り言をしている様子がうかがえたり、自分の世界に閉じこもっているように見えたりします。気分障害(うつ病・そううつ病)も、誰しもがなる可能性がある病気です。

そううつ病は、人口の0.5%(200人に1人)が発症するといわれており、うつ病だけに限ると、5.4~6.0%(100人に6人)が発症するといわれております。症状は、うつ状態なら、絶望感や憂うつ感を抱き、物事を悲観的にとらえ、自殺にまで至ることもよくあります。思考がとまってしまったり、決断が下せなかったり、集中力も低下したりします。重い場合には、マイナス思考の妄想を抱くこともあります。また、食欲不振や口が渇く、不眠、体がだるいといった症状もでます。そう状態なら、爽快感を抱き、楽天的に物事をとらえ、自己評価が高くなり、尊大な態度をとるようになります。よくしゃべるようになり、落ち着きもなくなり、ひとつのことに集中できなくなり、攻撃的になります。金遣いが荒くなり、社会的な逸脱行為をしたり、誇大妄想をもつこともあります。不眠などといった症状もでますが、本人は絶好調で、食欲も増します。うつ状態と異なり、周囲がつらい状態です。

いずれの精神病も、早期に適切な治療を行うことで、治したり、障害を軽減することができます。また、障害が残っても、服薬を続け、周囲の理解によって、以前のような生活に戻ることは可能です。しかし、周囲や本人の偏見や無理解から、治療が遅れたり服薬を怠ったりすると、症状が進んだり、重い障害を残したり、再発したりします。

精神障害

精神病による障害は、他人から見てわかりにくいものです。病気の症状からくる障害と、長期入院の結果による障害、服薬している薬の副作用からくる障害があります。具体的な障害の特徴は、次のようなものが挙げられます。いずれも、すべてが起こるわけではなく、このうちのいくつかが当てはまるといったものです。生活の中での障害として、食事の仕方がうまくいかない・金銭の扱いを計画性をもってしにくい・身だしなみをきちんとしにくい・社会資源をうまく利用できない・服薬の管理がしにくいなど、人との付き合いの障害として、人付き合いが苦手である・社会常識が不十分になりがちである・他人への気配りを欠きやすい・他人との協調が難しい・自分の判断や評価が的外れなことが多い・人との距離の取り方が苦手であるなど、働くことに関する障害として、作業能率が低下しがちである・集中力が続かない・持続しにくい・融通がききにくい・疲れやすい・物事の習得に時間がかかる・手順が悪いことが多い・臨機応変に対応しにくい・全体を把握しにくい・細かいことにこだわってしまうなどです。以上のように、精神障害は器具や道具、設備、などで障害が軽減できるものではなく、ほとんどが人による援助によって軽減できるものです。何も知らなければ、努力が足りないとか、怠けているとか、頑張ればできるとか思ってしまいがちなものばかりです。しかし、それが障害であり、それを理解せずに叱咤激励することは、例えば、電気が通ってない土地の人に電気洗濯機をプレゼントし、「使えない」というのを無視して「努力して使えばなんとかなる」というようなものです。

心の病を治し、前向きで、いいサイクルの恋愛、男女関係を取り戻しましょう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ