FC2ブログ

記事一覧

死ぬな (自殺撲滅・ゼロ宣言)



なんでも影響をうけやすく、強い思い込みをする人の中でも、

それがプラスに作用する人、マイナスに作用する人といます。

それは、影響を受けた時点=情報が入ってきた時点に差があります。

例えば、なんでも悪い方向に考えがちな人は、

情報が入ってきた時点で、マイナス思考・不安(維持)思考に捉える

習慣がついています。

例えば、なんでも良い方向に考えがちな人は、

情報が入ってきた時点で、プラス思考・期待(挑戦)思考に捉える

習慣がついています。

バランスよく、プラスとマイナスを使い分ける人もいます。

幼少期からの育ち方で大きな差が生じます。

それを一般的には、「性格」 と呼んでいます。

よく、「人の性格は変わらない」と言われますが、

これは科学的に間違いだと証明されています。

愛と習慣(繰り返し)で性格は、“大幅に”変わる

ことが証明されています。


主には視覚と聴覚、そしてその他五感から情報が入ってきます。

両親・友人・恋人・先生・書物・テレビ・ラジオ・インターネットなど、

ありとあらゆる角度から、情報が入ってきます。

性格は、すべての五感から入ってくる情報によって、変化します。

その中でも、特に、

五感で触れ合えるもの(両親や恋人など)から入ってくる情報は大きく性格形成に左右される

とされています。

そこには、目には見えない「愛」という情報が存在するからと

言われています。

「愛」は、脳の奥深く、潜在意識(心)に作用できます。


すべての人の脳みそに、同じ情報を埋め込むことは不可能ですから、

性格は似ているようで必ず異なります。

性格が合う、合わないは、

人生でもらった「愛」の大きさで測られるという説があります。

たくさんの愛をもらって育った人と、

少しの愛しかもらえずに育った人とでは、性格が合わない説です。

しかしそれはその時点での話であって、

愛はどこからでも溜めることができますから、

愛を育み、与え合う努力で、改善できます。

そして、愛をもらった量と、与えれる量は比例しませんので、

もらう量が少なくても、与える量は多い人もいます。

ですから、この説は正しくない可能性が濃厚です。


あらゆる角度から追い込まれ、脳の中で、

・もう死ぬしか道がない

・死んだほうがマシだ

・生きていてもつらいだけだ

このような考えに行き着いてしまう、

強いマイナスシグナルを抱え込んだ方は、

時として、自殺の道に進みます。

失恋や離婚、不倫絡みでも、このような方を多く見受けます。


生真面目で、逃げ方を知らない人に多く見受けられる傾向があります。

責任感に溢れ、約束や期待に応えられなかったことで、

自分を追い込んでしまう傾向にあります。


大きな挫折を経験したことがない傾向があります。

一つの負から、悪循環が連鎖している傾向があります。

肌で、心で、「愛」を与えてくれる人が、近くにいない傾向があります。


本当はスゴイ力を持っている潜在意識にアクセスできず、

愛の力を味方にできず、脳の表面に積もり積もった、

ものすごく強い負のシグナルに負けてしまっている傾向があります。


このような状況・状態・心理を変えていくヒントが、

上記で申し上げた、

愛と習慣(繰り返し)で
あなた様は、大幅に変わる


という部分になります。

そこに気付けば、もう勝ち同然です。

周囲の協力云々ではなく、

“自分”という個体の在り方を変えるのです。

変われば、見えてくる世界=視点が変わります。


ほとんど死に近い、

大きな負の体験をした分、

より大きな世界観を持つことができます。

死ぬ必要はありません。

完璧である必要はありません。

逃げ道はたくさんあります。

逃げ道は、余裕と活力を生みます。

もし、今の環境から抜け出し、誰ひとりとして知人はいない、

きれいな水も飲めない南アフリカの地域で、

1円にもならない愛のボランティア活動をしながら死のうと思いますか?

愛を与えながら自殺できますか?

それは無い筈です。

誰も知らなければ、責任もなく、死ぬ必要性すら感じなくなります。

そして何より、お金でも何でもなく、ボランティア活動で、

自らが他人に、愛を与えているではないですか。

愛を与え、それを笑顔で受け取る人がいる中で、

あなた様は死ねない筈です。

愛はもらえないと生産できないわけではありません。

愛をもらわなくても、あなた様の行動次第で、

世界中の誰かに、愛を与えることができるのです。

そこをスタートに、誰かがその愛に応えてくれ、

愛がもらえること(愛の連鎖)もあるのです。


今よりも、「楽になることが幸せ

だと勘違いしてはいけません。

幸せは、達成できるから、幸せです。

達成感は失敗と挫折が大きいほど感じられます。

達成感は、目標が確かであるほど、感じられます。

そして何より、

“挑戦”するから達成できます。

挑戦しないなら、過去にしがみつくしかなくなります。

過去にしがみつく度合いが増せば増すほど、

周囲から「負のかたまり」だと捉えられます。

挑戦しなければ、望む愛は手に入りません。

挑戦しなければ、愛の修復はできません。

愛を与える対象を見つけ、大切にするのです。

どんな内容でもいいじゃないですか。

愛を与える対象に、正しいも何もありません。


人間は、コンピューターやスマートフォンを頼るようになりました。

人間は、便利な世の中を手に入れると同時に、

人々が、近くで触れ合わなくてもすむ世界を作ったのです。

「人間同士を離れさせる機器」を開発したわけです。

人間同士が疎遠になる以上、

便利な機器と
うまく接していかなければ、

人肌の温かみ(=身近な愛)

と触れ合う機会が減ってしまいます。

それでは、自殺を選択する人は減りません。

自殺を減らすためには、

愛を与える場、愛をもらえる場を増やすことです。


恋愛や夫婦生活上、

愛を与える対象に問題が生じたときは、

どんなことでもご相談ください。

解決していきましょう!

⇒ご相談はこちらから。勇気を出して。








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ