FC2ブログ

記事一覧

賛否両論




誰かと誰かを別れさせること、

たとえ浮気している加害者が悪くても、

それは一線を超えているだろう…


もう20年、そんな意見が絶えることがないのが、別れさせ屋の業務です。


被害や精神的苦痛を受けている当事者 張本人、

もっと言えば、なかなか人生では味わえない、

限りなく大きな葛藤を経験した張本人にしか

別れさせ屋の存在意義は、理解不可能なことだと思います。


男女のもつれが発展し、

人と人、感情と感情が譲らず対立し、いがみ合い、

時に親子の縁を切ってまでも、対立関係が急迫したり、

既存生活や財産を投げ打ってでも、譲れぬ事象が生じたり、

あい反する動機・欲求・感情が、よりますます関係をこじらせ、

たとえ、義理と人情と道理に背いていたとしても、

最終的には、何か決着点を見出し、選択せねばならず、

正道から逸れ、他人の力を借りてでも、

ある関係を別れさせるしかない…


そういう結果にたどり着いてしまう過程は、

経験者でないと想像しきれない側面も出てきます。

部外者であれば、アリエナイの一言で片付くことでしょう。


他に手があれば、別れさせ屋を無理に使う必要はなく、

別の手段や、耐え忍ぶことも選択肢として存在します。



商品でもサービスでも宗教でも法律でも、

賛否両論なことは、世の中に数え切れないほどあります。

工作もその一つなのだと思っております。



ある作品の中で、このように語っている方がいらっしゃいました。

「世の中には、人の罪で食べている、罪喰い人(ツミクイビト)がいる。

道徳から外れた汚物を食べて、体の奥深くに隠しておく。

そうすれば、組織以外のものが汚れることはない。

任務遂行上、与えられたミッションの道徳性を疑うこともあるだろう。

でも、それが仕事なんだ。

と。

別れさせる工作には、似たような側面があるのかもしれません。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ