FC2ブログ

記事一覧

どこまで我慢すればいいのか?

どこまで我慢すればいいのか


幼いと、自分のスタイルというものが確立されていないので、

相手に合わせることが出来るし、

常識というルールすらも明確ではないので、

素直に全てを受け容れる傾向があります。


しかし、大人になるとそれは難しいです。

・ メールを送ってるんだから、返事はできるでしょ!

・ 男なんだから、デート代払ってくれてもいいじゃない。

・ 付き合ってるんだから、週末は時間つくってよ。

 旦那なんだから、育児に協力してよ。

・ 妻なんだから、ご飯つくってよ。

・ もっと優しい言い方はできないの!

・ 他の異性となんでご飯食べる必要があるの

・ もっと家庭にお金を入れてよ。

等など。

一般論での「正解」は簡単にわかるものです。

しかし、会社ではないので、

「・・・だったら別れてもいいけど

と言い返されたら元も子もありません。


これが男女の厄介なところです。

仕事関係であれば、多少は言い合いになっても、

会社にとってプラスになることなのかであったり、そもそもの立場の違い、

そして結果が明確にでますし、

協力し合う必要があり、離れられないことから、

なんとか関係は継続するものですが、

男女を結び付けてるものは、「相手のことを必要とする気持ちになります。


「愛はないけど、子供の為に離婚しない」

という言葉はよく耳にしますが、実際は違います。

今の子供は両親の離婚など普通に乗り越えられます。

それを理由にしてる妻の多くは、

自分が離婚後の生活について不安だからです。


ですから、夫の生活力に頼る  必要としてる わけです。


「我慢」 は、実は「0」にする事は出来ます。


同じ状況になっても、ポジティブな人とネガティブな人は

まったく違う反応を示します。


歩いてて、車に轢かれそうになっても、

・ 危ないな! なんて運転してるんだ!

と怒る人もいれば、

・ 危なかった~ でも事故にならなくて良かった~

と思う人といます。


我慢というのは、自分の価値感が基準となってることを忘れてはいけません。


貧しい暮らしであっても、

大きな病気をしてる人からすれば、健康で過ごせることに憧れるでしょう。

浮気をされて苦しくても、

戦争中で理不尽に苦しい人は、そんな恋愛ができる平和な時代に憧れるでしょう。


次に、もうひとつの我慢のコントロール方法を述べましょう。


それは、もっとちゃんと突き詰めて考えることです。

殆どの人が、考えることは考えてますが、中途半端です。

もっと奥にある、「なんで自分は相手を必要としてるのか」

「なんで自分が選んだのか」など、原因を考えることです。


例えば、

自分がお金持ちで、仕事もできて、恰好良くて、冗談も言えて、

スポーツもできて、、、という経歴があったら、

当然、パートナーとして選ぶ異性は納得ができるレベルの高さでしょう。

そしてそれは叶うでしょう。



自分に対して優しくしない、デート内容も粗末な男

即座に相手にしなくなる女性もいますよね。

男性でも同じです。


つまり、原因は自分にあると考えるほうが、

自分の人生を他人任せにしてないと思えるし、

納得もできるようになります。


間違ったプライドが高い人ほど、「自分が悪かった」と思えないものです。

それは、本質よりも建前を重要視してしまうからです。

常に他人からどう評価されるかを優先させてしまうからです。




つまり、これは依存性との戦いです。

特に女性は安定を求める傾向があるので、

就職することや、結婚することなどで、

自分で道を切り拓いていくというストレスから解放されようとします。


しかし、それはもう通用しなくなってきています。


どんな会社に入っても、人と同じことをしていたらリストラ対象となるし、

会社自体が倒産することもあります。

男性と結婚して愛を誓って、家事と育児を普通にしていても、

刺激や性欲を満たしてあげないと、離婚したいと言われる時代です。


我慢をしない一番のコツは、

自分が現状に納得をすることです。


異性から自分はどんな評価をされるのか、

自分の強みと、弱点。

どうして思い通りにならないのか?

それが、相手の人間性によるものなのか、

それとも自分だからそうした扱いをされるのか。


それを考えないで、自分の価値観と周りの一般論を基準にしていたら

その時点で「現実をわかってない」になってしまいます。



 
同様の悩みを抱え、ご自身での解決が難しい方の3ステップ
 
 
①先ずは簡単に、【今の状況・悩み・目的】をお聞かせ下さい。
  
 
 
②お客様からいただいた「①」のメールに、ブログの著者本人から、必ずお返事差し上げます。
 
  ※内容に、「ブログを観た」とご記入ください。
 
 
 
③お客様の悩み、置かれている状況を正しく理解するために、いくつかやり取りさせていただき、
 
 一般的なマニュアルではない、お客様のケースに合わせた解決策を導き出します。
 
 
 
 
 
◆ご相談される方の条件(1日でお返事できる限界があるため)
 
 ・22歳以上(社会人の方)
 
 ・込み入った悩みで、且つ、目的達成を絶対に諦めない方
 
 ・解決を急がないと、日々状況が悪化している方

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hebidoshi84

Author:hebidoshi84
復縁屋/別れさせ屋工作 20年の会社ACグループ 社長三島による、別れさせる方法や料金、不倫関係の離婚させる方法や夫婦の離婚したくない、離婚してほしいまで。深い悩みに具体的なアドバイスを提供します。別れた彼女彼氏、夫や妻とよりを戻すテクニックや別れたくない場合の回避方法まで無料相談対応

http://ac-sodan.info/
無料電話相談:0120-444-705
無料Mail相談:info@acyours.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ